zeroichi_jpの、初期インストール手順です。テーマをアップロードするだけでは使用できません。必ず、データインポートも行ってください。
a-blog cmsの一ヶ月お試しサービス「ablogcms.io」でも利用できます。

パッケージを確認する

圧縮ファイルを解凍し、テーマ内が以下のディレクトリ構成となっていることを確認してください。
dist/ が公開ファイルのディレクトリです。

※Sassによる高度なカスタマイズをしない場合は、 dist/ 以外のディレクトリは必要ありません。

├─ _js/
│   ├─ etc...
│
├─ _scss/
│   ├─ etc...
│
├─ dist/
│   ├─ themes/
│   │     └─ zeroichi_jp/
│   │          ├─ etc...
│   │
│   └─ private/
│        └─ import/
│             └─ zeroichi_lp_import_blog_v(数字).zip
│
├─ gulpfile.js
├─ package.json
└─ readme.md

a-blog cmsをインストールする

通常の手順で、a-blog cmsの初期インストールを行ってください。テーマは「Simple」か「Site」のいずれかを選択することをお薦めします。

この先のインポートで、対象となるブログの、以下の情報が上書きされます。これらの変更は行わないようにしてください。

  • カテゴリー
  • エントリー
  • タグ
  • 管理ページ内の「ブログ管理」>「カスタム情報」
  • 管理ページ内の「モジュールID」
  • 管理ページ内の「コンフィグ」
  • レイアウト(このテーマは対応していません)
  • ルール
  • ダッシュボード

アップロード画像に関する既知の問題

インポート先のブログが最初のブログではない(ブログIDが002以降)の場合、ランディングページ用ユニット内の画像がリンク切れになる問題を確認しています。

a-blog cmsの仕様の関係で、現時点では回避できません。002以降のブログへ導入する場合は、以下のいずれかで対応してください。

1. archivesディレクトリに手動で画像をアップロードする
後述の dist/private/import/ 内のインポート用のzipファイルを解凍し、中に含まれている /archives/001/ 以下を、サーバーの同じ階層にアップロードしてください。
※001のブログのアップロード画像と、zeroichi_lpの画像が混在する状態となります
2. ユニットに画像をアップロードし直す
テーマ内で使用しているダミー画像は dist/themes/zeroichi_jp/images/_dummy/ 以下にあります。
3. 画像がリンク切れのまま制作をはじめる
表示が崩れていますが、動作自体には問題はありません。

既存のブログに導入する場合

既存のブログへのインストールは非推薦です。動作保証もできかねますが、以下の手順で可能と思われます。
また、archives/(ブログID)/ 以下に、テーマ用のアップロードファイルが追加されます。上書きされてしまうことはほぼありませんが、心配な場合はバックアップを取ってください。

  1. a-blog cms全体をバックアップする
  2. 空の子ブログを作成する
  3. すべてのエントリーを空の子ブログへ移動する
  4. カテゴリーの設定をすべて控えておく
  5. インポート後に、エントリーを元のブログへ移動し、カテゴリーを設定し直す

必要なファイルをアップロードする

以下のディレクトリを、a-blog cms内の同じ階層へアップロードしてください。

dist/private/import/ が既にある場合は、中のzipファイルのみアップロードしてください。

  • dist/themes/zeroichi_jp/
  • dist/private/import/

データをインポートする

a-blog cmsに管理者でログインし、対象となるブログの管理ページのメニューから「ブログ」を選択してください。
移動先のブログ管理画面には、さらにタブメニューがあります。「エクスポート・インポート」を選択してください。

ブログのインポート画面

「ブログのインポート」欄のプルダウンに、先ほどアップロードしたインポートデータが追加されています。zipファイルの名称を再度確認し、「インポート」ボタンを押してください。

複数のサイトを管理している場合は、画面左上のブログ名を確認し、対象となるブログを間違えないようご注意ください。

インポートには最大10秒ほどかかります。画面の更新やログアウトを行わないようにしてください。
ご利用中のサーバーによっては、完了時に500エラーが表示されることがあります。問題ないことが多いですが、エラーが出た場合は、サイトの確認は慎重に行ってください。

サイトを確認する

公開ページへ移動し、表示確認・動作確認を行ってください。

エントリーの操作メニュー

トップページの最下部に、トップページの編集ボタン群が表示されています。
「変更」ボタンをクリックすると、編集画面へ移動できます。

  • ユニットの順番の並べ替えはできますか?
  • テキストの変更はできますか?
  • 画像の差し替えはできますか?
  • 表示されていないパーツや、画像のリンク切れはありませんか?
    アップロード画像に関する既知の問題も参照ください。

フォームを作成する

データインポートでは、お問い合わせフォームの設定は引き継がれません。zeroichi_jp用のフォームを作成する必要があります。

管理ページのメニューから「フォーム」を選択し、フォームの一覧ページへ移動してください。

初期インストールで「Simple」テーマか「Site」テーマを選択していた場合

フォームの一覧

「contactForm」という名前のフォームが一覧ページにすでにあります。「変更」ボタンをクリックして、設定画面へ移動してください。

フォームの詳細

以下の設定を変更して、保存してください。

グループ 項目名 変更する内容
基本情報 フォームID contact_form
一般メール設定 From 代表メールアドレス
管理者宛メール設定 AdminTo 送信させたいメールアドレス

フォームがひとつもない、もしくは既存のフォームがある場合

フォームの一覧ページで、右側の「フォームIDを作成」ボタンをクリックしてください。

フォームの一覧

以下の通りに設定して、新規フォームを作成してください。

グループ 項目名 入力する内容
基本情報 フォームID contact_form
フォーム名 任意
一般メール設定 SubjectTpl /contact/form/subject.txt
BodyTpl /contact/form/body.txt
From 代表メールアドレス
管理者宛メール設定 AdminSubjectTpl /contact/form/adminsubject.txt
AdminBodyTpl /contact/form/adminbody.txt
AdminTo 送信させたいメールアドレス

フォームを作成したら、正しく送信されるか、動作確認を行ってください。


以上で初期インストールは完了です。
さっそく、ランディングページを作成していきましょう。